イープロニクス株式会社 > CADCAM生産支援リバースエンジニアリング > メタルマスクデータ生成 スキャンソフト

メタルマスクデータ生成 スキャンソフト

メタルマスク製造データ生成

Maskビルダ

印刷マスクデータ生成: Mask ビルダ
基板・フィルムなどをスキャンしたデータやガーバーなど基板設計データから、はんだ印刷マスク製造データを生成します。
基板メーカーや基板ロットごとに微妙に違うパッドサイズも、基板現物のパッドサイズ・位置からのはんだ印刷マスク製造データ作成で、実装不良の極めて少なくすることができます。
カラー認識不要のフィルムからのデータ作成は、ほぼワンクリックの
簡単作成が可能です。
 

カラースキャン認識アルゴリズムを採用

高精度カラースキャン認識アルゴリズムの採用により、多様な色彩の基板から微妙なパッドなどを自動認識し、高密度基板に対応したハンダ印刷マスク製造データ作成を可能にしました。
 

 
印刷マスクデータ作成:Mask ビルダ

4,800dpiの高分解能

光学分解能2,400dpiをカスタマイズした分解能により、4,800dpiのフルカラー画像が得られます。
 

パワフルな編集機能

スキャンデータやガーバーデータから、より細かいアパーチャ設定を効率的に行える編集機能により、高密度基板用ハンダ印刷マスクのご要求に対応できます。
 

スキャンデータ自動補正機能

フィルムの伸び縮みや基板のロットによる、微妙な対象の位置補正を自動で行えます。
 

ネットワークに対応

標準的OS、Windowsで動作しますから、ネットワーク化も容易です。
 

主な機能

スキャンデータ入力
ガーバーデータ入力
スキャン入力ガーバー変換機能
パッド自動認識機能
マスクデータ編集機能
アパーチャサイズ編集機能
インチ/ミリ変換機能
ガーバー・DXFファイル出力
スキャニング入力/ガーバイメージ比較
自動キャリブレーション機能

仕様

最大スキャン対象 813×813mm
最大スキャン範囲 297×418mm
スキャン分解能 300〜4,800dpi
最小編集分解能 0.001mmまたは0.1mil
※仕様は予告なく変更する場合があります


 

 


 




 
 
 

仕様

最大スキャン対象 813×813mm
最大スキャン範囲 297×418mm
スキャン分解能 300〜4,800dpi
最小編集分解能 0.001mmまたは0.1mil
※仕様は予告なく変更する場合があります

このページのトップへ