イープロニクス株式会社 > CADCAM生産支援リバースエンジニアリング > 回路図復元基板復元システム

回路図復元基板復元システム

英国 ABI エレクトロニクス 社 RevEng

回路図がない故障基板も含めた実装基板から、
ネットリストの自動生成機能と連動回路図CADにより
回路図を復元できます。

付属の連動基板CADにより、基板復元や
廃番部品を現況部品回路に置き変えた回路と復元基板が作製できる、
リバースエンジニアリングの回路図復元基板復元システムです。

  
☆ネットリスト生成ソフト「UltiMate RevEng」
☆ネットプローブユニット「RevEng」
☆回路図基板設計CAD「OPUSER」
で、構成されています。
概要動画

付属ソフト「UltiMate RevEng」のガイドによる最も効率的な接続シーケンスで、ネットプローブユニット「RevEng」に接続したコネクタやプローブクリップで、基板から部品デバイス接続情報を分割して自動取込みます。
取り込んだ部品デバイス接続情報から、回路図基板設計CADソフトOPUSERの直接回路図を生成し、回路図復元します。

復元生成した回路図から、廃番部品を現況部品に更新した回路や新たな基板レイアウトの作成を、自動配線機能も備えたCADソフトOPUSERで行えます。

・最高2048測定チャンネル(拡張時)で、大きな基板から部品デバイス接続情報の取込みも可能です。
・断線基板は、自動取込したデータに追加が必要です。
 
ネットプローブユニット「RevEng」には、最高同時取込チャンネル数が違う2種類のケースがあります。
(複数回に分けた接続読込も可能で、大きな基板では同時取込チャンネル数が多いほうが効率的です。)

  • 512Ch(最高2048Chに拡張可能)測定チャンネルのキャビネット
  • 256Ch(最高768Chに拡張可能)測定チャンネルのマルチリンクケース


回路図生成システムの手順

1.プロジェクト作成  
2.部品リスト作成  
3.ガイドのとおりに、コネクトケーブルを部品に接続  
4.結線スキャン  
5.生成されたネットリストを保存し、OPUSERに出力  
6.OPUSERでネットリストを読み込み、シンボル自動配置や自動結線機能を用い、回路図を生成
7.基板レイアウタで、部品自動配置や自動配線などの機能を用い、リニュアル基板のデータを作成
 

 

このページのトップへ