イープロニクス株式会社 > 製品説明 > プリント基板加工機Aシリーズの長尺基板加工について

プリント基板加工機Aシリーズの長尺基板加工について

プリント基板加工機加工範囲以上の基板加工 

基板加工機Aシリーズ長尺基板加工

自動工具交換で、加工範囲以上の長尺両面基板作製

40W形LED蛍光灯基板(1.2M仕様)など加工範囲より長い基板も、標準仕様の高精度プリント基板加工機Aシリーズで、従来の基板加工機で加工できなかった加工範囲より長い基板を作成できます。(加工テーブル長手方向が、加工範囲以上の空間があります)

付属ソフトPhCNCは、長尺基板サイズのガーバーなどのデータからや長尺基板サイズを設定し多面どり配置も行えると共に、加工範囲ごとに位置合わせマークを複数追加し、CAMデータ範囲(最長1512mm)の長尺両面基板の加工データを生成できます。
加工は、加工範囲ごとに穴あけ・配線・部分切断を自動工具交換し連続バッチ加工します。基材をずらし設置し、加工範囲ごとの連続バッチ加工を繰返し加工します。

※ A400シリーズ基板加工機は、A600シリーズ基板加工機より可能基板幅が小さくなります。
※ カバー取付けの場合、一時的にカバー後部パネルを取り外す必要があります。



 


 

 
 
 


このページのトップへ