イープロニクス株式会社 > 基板修理/検査保守/計測機器 > ABI Electronics 社 ソフト UltiMate

ABI Electronics 社 ソフト UltiMate

Soft Ultimate

ABI SYSTEM8  Ultimateソフト

Abi社SYSTEM 8モジュールとBoardMaster 8000 Plus用ソフトとして、装置の設定・各種アプリケーションで故障の特定/検査/計測を行う『Ultimate』ソフトとその下で各シーケンスを実行する『TestFlow』が付属します。
Ultimateソフトのおもな働き:
  - 装置モジュール構成の組込設定.
- 検査/解析の設定と計算/表示機能
- 各モジュールの制御
- 付属ソフト『TestFlow』の設定自動生成
- 良否結果の判定
- データのログとレポートのユーザ設定
 
『Ultimate』ソフト下で重要な動作をする『TestFlow』は、システムの設定の保管と結果の予想から容易にシーケンスプログラムを自動生成し編集できます。TestFlow には、画像、回路図、データシート、写真や動画などを組込め、技術者の知識と基板関連の経験を生かせます。
初心者の方も、複雑な装置のテストを画面表示に従って検査を行えます。テストポイント、検査方法、操作指示、統計レポートなどを、わかりやすい形式で画面表示します。
良品比較による良否判定シーケンス各ステップのレポートを自動生成し、故障発見が容易です。
SYSTEM 8『 Ultimate』は、 AMSモジュールを使用した場合、3 D V-Iテスターとマトリックス V-I テスターとしてご利用いただけ、非通電状態で部品の劣化詳細などを把握できます。.
グラフィカル ユーザー インターフェイスは、機器を明確かつ迅速アクセスを提供する側にメニューを移動します。このツールバーは、メディア TestFlows (動画、Pdf、画像、ドキュメントなど) のコンテンツをより多くの使用可能な大きなスペースができます。機器メニュー マネージャーを使用して、機器の配置も変更できます。.
『TestFlow』により、 基板の知識や経験が少ない方もお使いいただけます。
システム 8 『TestFlow』 マネージャーはステップごとにカスタマイズすることができ、レポート関数を提供します。レポート マネージャーを使用して、ログやカスタマイズ可能なレポートにデータの完全な範囲の表示やレポート テンプレートを変更することができます、例えば標準の html エディターを使用して、会社のロゴを含めることなどができます。
 


 

 

このページのトップへ