イープロニクス株式会社 > 製品案内 > 配線板印刷 Jetサーキット

配線板印刷 Jetサーキット

配線板印刷

配線板印刷

プリンタ印刷作製手順と必要部品

 
◆ プリンタ印刷作製手順
高密度配線や複数配線板の短時間作製には、プリンタ印刷作製が適しています。
必要部品
・ 配線パターン原稿データ
・ 配線基板印刷キット
 
1. Windowsのペイントなどのアプリケーションでの作画、またはOPUSERなど自動配線/半自動配線/手動配線の機能があるPCBレイアウタCADで、配線パターン原稿データを作成します。 配線基板
 A4サイズ時
 印刷時間:約2分

2. 専用紙や配線シートに専用インクを使い、直接パターン原稿データをプリンタ印刷します。
レジスト・シルクが必要な場合は、オプションプリンタで上に重ね印刷します。
3. SMT部品のみの場合、そのまま外形切断し出来上がりです。
(シートのみでサポートボードや穴あけは不要です。)
4. リード部品実装の場合は、裏にサポートボードを貼り付けます。
5. 表面実装部品のパッドはそのままにし、リード部品の取付穴を付属ドリルで穴あけします。
6. ハサミなどで、外形を切り出来上がりです。
 
部品実装時の必要実装用キットのご用意しております。
リード付部品実装 必要部品 ・リード部品実装キット  表面部品実装 必要部品 ・ SMT部品実装キット
 




 

このページのトップへ