イープロニクス株式会社 > 開発試作製品案内 > 高精度簡単Aシリーズプリント基板加工機ラインナップ

高精度簡単Aシリーズプリント基板加工機ラインナップ

トップクラスの加工精度高速性能高信頼耐久性
    レーザ加工機に匹敵する高精度で簡単操作の基板加工機

フィルムから極厚銅箔基板まで加工可能な、μmレベルのZ軸NC制御による自動切削幅/深さ調整機能
 工具取付異常検知センサ付き自動工具交換機能を備えた、ほぼ完全自動の簡単操作の高性能基板加工機です。

Aシリーズ 基板加工機は、
 ◎ 
μmレベルの高精度位置決め機構を装備
 
◎ 高信頼高出力の三相スピンドルモーターを搭載
 ◎ 1 μm分解能リニアエンコーダで切削制御
レーザ加工機に匹敵する
 高密度配線・穴あけ・外形切断を行い

  高精度な基板を、短時間で作製します。

 
 自動切削幅調整機能 全機種に 標準装備
高精度基板加工機 Aシリーズのミーリングヘッド
クリックで拡大
従来機種では簡単に加工できなかった
 薄板・アルミナ・テフロン基板などの素材の
  高密度配線やアンテナパターンを微細加工できます。
平滑な切削面、極薄金属箔やフィルム基板の剥離に
新工具 3枚刃カッター
従来のエンドミルや高周波カッターは、刃先がフィシュテール形状の2枚刃を使用していますが、刃先を3枚刃にし、平滑な切削面・効率的な切粉除去・高速切削性能を実現しました。Aシリーズプリント基板加工機の1μm分解能切削制御により、極薄銅箔基板やフィルム基板などの平滑な切削面剥離など、基板加工機のより幅広い応用が可能となりました。刃先径0.18mmから3種あります。
詳細は、お問い合わせください
動作動画   

 A シリーズプリント基板加工機 特長 

試し切削作業不要の自動切削幅調整
 従来の類似加工機は、試し切削し切削幅を目視し、設定切削幅になるまで、繰返し切削深さを調整する必要がありました。
 1 μm分解能リニアエンコーダでNC制御し切削する基板加工機Aシリーズは、試し切削幅調整作業が不要なだけでなく、工具交換時のみの疑似自動幅調整と違う、常に自動調整する自動切削幅調整を行い、簡単操作で基板を加工します。
 
XY軸ミクロンレベル繰返し位置決め性能
こだわりの高精度、ワンクラス上のリニアエンコーダサーボ制御機種、非線形位置/熱膨張補正を行うリードガイド駆動機種をラインナップしました。
 
Z軸 1μmリニアエンコーダ  NC制御
 ヘッドの上下駆動に、1μmリニアエンコーダ を搭載しNC制御し、正確でむらのない深さで、薄い基板も加工します。
 
0.1mm厚以下の基板も加工可能な、堅牢な平面固定加工テーブル
 ワークが移動せずヘッドのみが移動する固定加工テーブル方式により、加工基材のずれや平面たわみがなく、高精度に加工できます。
 
故障が少ない、高トルクハイパワー可変速HF スピンドルモーター搭載
 ECやDCモーターの基板加工機と違い、量産用基板加工機に準じた長期間安定して稼働し続けるワンランク上のMTBFが大きな高信頼ハイパワー三相スピンドルモーター(6万回転機種 60K/170W、10万回転機種 100K/300W)を全機種に搭載しています。
 小径工具には高速回転が適していますが、Aシリーズに搭載したスピンドルモーターは、充分な回転トルクで工具の切れ味を最大限引き出し、極厚銅箔基板も良好な仕上がりで基板を作製できます。
 基板作製のスピンドルモーターで重要なのは、高信頼性能と高出力能力です。
 
工具取付異常検知センサ装備、確実で安定した自動工具交換
 固定加工テーブルに直接取付けた堅牢な交換工具ホルダ、交換工具ホルダ内工具取付不良などを検出する工具検知センサにより、確実に自動工具交換を行え、故障がほとんど発生しません。
 
トップクラスの高速性能で、早い試作が可能
毎分180穴の最高穴あけ速度、毎秒150mmの高精度繰返しヘッド移動を、位置決めドライバー PhSTdrive™、スピンドルモータードライバー PhACdrive™ の搭載で、加工します。
 
加工データを自動生成
 付属ソフトのCAM機能は、ガーバーデータ読込み時に加工データを自動生成します。
 
両面板多層板、自動位置整合加工
 搭載カメラの基準穴などの位置に、加工データの基準穴などを重ね合わせ移動し、両面板や内層レイヤーなどを、自動位置整合し加工をします。
 
1.5Mの長尺基板も加工可能
 40W形LED蛍光灯基板(1.2M長仕様)など、加工範囲より長い基板も、基材をずらし複数位置で加工位置自動整合機能を用い、精度よく加工できます。
 
修理費用が全くかからない3年間無償保証選択可能
 堅牢で故障が少ない基板加工機 Aシリーズならではの低初期費用のオプションを、お選びいただけます。故障が起きても部品代や作業費など修理費が不要で、安心してお使いいただけます。
 
旧日本エルピーケーエフからの実績ある迅速なサポート体制
 20余年にわたりお客様に満足いただいている、蓄積したソフトとハードの両面からのノウハウと技術による迅速なサポートを行っています
 
ご使用間隔があいた方も、加工前試し切削調整なしの簡単操作と自動機能により、社内・研究室でいつでも短時間に作成できます。Aシリーズは、高性能リーズナブルな価格でご好評を戴いています。
 

高精度 Aシリーズ プリント基板加工機 機種/タイプ選択の目安

◎ 機種/タイプ選択の目安1 加工範囲
  ワイドな加工範囲は、大きな基板や同時に使用する複数基板を同時加工でき、試作時間を短縮できます。
◎ 機種/タイプ選択の目安2 スピンドルモーター回転数
  10万回転スピンドルモーターは、小径工具を6万回転に比べ66%速い周速による高仕事率で、小径工具の切れ味を充分に引き出しバリのない高品質加工で、高周波基板に最適です。
◎ 機種/タイプ選択の目安3 位置決め精度
 
高精度な基板加工に、堅牢な固定テーブルとともに再現性ある位置決めが重要な要素となります。
 
リニアエンコーダによる XY軸サーボ制御位置決め機種 (A*3*機種) は、リニアエンコーダで測定しながら移動し、安定した1 μm繰返し精度の高精度位置決めが得られます。
 
・ 補正リードガイド駆動位置決め機種 (A*2*機種) は、位置決め移動量をリードガイド実測値補正と熱膨張補正の併用による補正値により移動し、補正なしの従来のリードガイド駆動基板加工機より、一桁上の高精度繰返し精度の位置決めを実現しました。
 
補正なしリードガイドの温度による位置決め誤差
 

Aシリーズ プリント基板加工機は、自動工具交換・半自動工具交換機種 全32機種をラインナップしています。   機種一覧はこちら

基板加工機用工具についてはこちら

lpxx 社基板加工機のLMD/camファイルデータを、そのまま継続してご利用いただける
基板データ編集ソフト『CircuitCAM サーキットCAM』 最新版も、取扱っております
回路設計・回路解析・基板設計・基板解析ができ、
自動配線・半自動配線・手動配線機能を備えた、
   低価格の回路基板設計ソフトOPUSER(オプサー)  もご紹介しております。
 
 
このページのトップへ